弁護士と法律相談北九州の法律事務所

弁護士と法律相談 北九州の法律事務所へようこそ

このサイトでは福岡県北九州市の弁護士・法律事務所情報を掲載しています。弁護士への相談をご検討の方はぜひご活用ください。
また相互リンクも募集しておりますので、サイトをお持ちの方は是非、お問い合せフォームよりご連絡下さいませ。

北九州で弁護士を探している場合などは、小倉駅前法律事務所がおすすめです。ここでは交通事故や債務整理、遺産相続など様々な分野の法律問題を取り扱っています。弁護士は法律に関わる様々な知識や経験を持ち、あなたの問題を解決してくれることでしょう。

弁護士と法律相談するには

1. 知人・友人から弁護士を紹介してもらおう

「法律家に何かを相談する」というのは少しハードルが高く感じられます。でもそれが気の知れた友人であったり、その友人から紹介してもらった人であれば、緊張は解れます。

弁護士さんを頼るときにもっとも大事なのは、「こちらの心情をよく理解してもらい、トラブルに対して適切な処置を図ってもらう」という点です。

つまり緊張してしどろもどろになり、話がうまく伝わらないと、いくら相手に「なんとかしてあげたい」という気持ちがあっても、トラブルはうまく解決できません。その点、知人・友人からの紹介であれば、最初からある程度は打ち解けて接することができます。

2. インターネットで「法律事務所」を検索してみよう

たとえば「北九州 法律事務所」と検索すると、グーグルならば45万件を超す検索結果が表示されます。もちろん中には周辺的なワードから引っかかったサイトもあるので、すべてが法律事務所に関するホームページというわけではありません。それでも1つひとつをチェックしていくのには無理があり、情報の「より分け」が必要不可欠となってきます。

あなたが今、お悩みのトラブルは一体どのようなものでしょうか?一般的に法律事務所に寄せられる問題で多いのは、「離婚」であったり、「交通事故」であったりします。相談件数が尽きない普遍的な案件のため、話を聞いてくれる弁護士さんは数多く存在します。

その中でも、特にそういった「悩み事」を得意にしている法律事務所をいくつかピックアップし、電話をかけるなり、コンタクトを取ってみるといいでしょう。つまり検索ワードとしては「北九州 法律事務所 **(トラブルの種類)」ということになります。

具体的に「**件の実績があります」などと、目に見える形で得意案件についてアナウンスしてくれている法律事務所もあります。そういった数字をアテにするのも賢い方法です。

3. 無料法律相談を活用しよう

現在、弁護士さんを選ぶ際には、おそらく多くの人がネットを使うはずです。しかし、概してウェブの情報というのは大づかみなもので、実態がわかりにくいという難点もあります。そこが具体的にどんな事務所なのか、判断するために「無料法律相談」は有用です。

無料法律相談とは、その名前の通り、その道のプロ(弁護士)が無償で法律的なトラブルに関する相談に乗ってくれるサービスです。しかし、もちろん全額が無料というわけではありません。「初回**分」という時間設定がある場合がほとんどで、その中でアドバイスをもらえるだけ。とはいえ、その事務所の雰囲気がどうかを掴むには十分な機会です。

4. 相談の予約をしよう

法律事務所を探す際には、まず予約は欠かせません。決して十分な数の法律事務所があるとは言い切れませんし、中には「新規の相談は現在受け付けていない」というタイミングもあります。必ずしも近くの事務所で話を聞いてもらえるわけではないので、相談料なども確認し、まずはいくつか候補を出しておきましょう。

その上で、電話で相談の予約を取ります。電話口だけで悩み相談に乗ってくれるということは原則的にないので、いくら今すぐ話したいと思っても、そこは押さえてください。ひとまず相談の日時だけを予約しましょう。またその時にトラブルの内容についてうまく説明できるように、相談内容をメモしておくと、後から話がスムーズに進んでいきます。

メールで予約を取ることができる法律事務所もあります。具体的な相談内容について記入する欄もあり、便利です。ただ、事務所としては電話をかけてきた相談者を優先する傾向があるので、急ぎであれば労を惜しまず電話を使った方が良いのは間違いありません。

まずは弁護士さんの「予約」を取ること。これがトラブル解決の第一歩となります。

5. 親身に穴市を聞いてくれる弁護士を見つけよう

弁護士には大きく分けて2通りのタイプがいます。1つは、どんな相談内容にも快くアドバイスをくれるタイプ。もう1つは、自らの得意分野に絞り、その相談者に徹底的に尽くすタイプ。トラブルの種類によっていずれのタイプも頼りになりますが、庶民レベルのトラブルに巻き込まれているなら、やはり前者の親身な弁護士さんを起用すべきでしょう。